トラウマ解消ガイド TOP → トラウマの克服法 周囲との協力

周囲との協力

心にトラウマを抱えている人間が、いかにトラウマを克服するか。それは、周りの人間の協力に懸かっています。いくら本人にトラウマと闘う気持ちが有ったとしても、周囲の人間が無神経だった場合、全て台無しになる恐れがあります。

周囲の人は、トラウマを抱えている人間に対して何が出来るか。それは、「特別扱いをしない」ということです。無神経に何でもズケズケ言って良い、というわけではありません。普通、友達にもそんなことしませんよね?思いやりを持って、言って良いことと悪いことの区別を付けて話しかけるだけで良いのです。

ただ、トラウマを抱えている人はほんの少しのことでも傷ついてしまうことがあります。そういう時だけはいつも以上に思いやりを持って接すること。これが一番大切なのかもしれません。トラウマを抱えている人は、敵意や悪意に対しても敏感な反面、心からの思いやりの気持ちにも敏感です。本当の愛情や信頼を注げば注ぐほど、トラウマを持っている人の心は癒されることでしょう。

くれぐれも、相手に対して詮索し過ぎたり、相手の心を侵害したり、無神経なことを言ってはいけません。「どんな発言が無神経になるのかわからない」という人は、発言自体を控えることがベストでしょう。そして、「どんな発言が相手を傷つけるのか」ということを、ある程度わかっている人でも、時として相手を傷つけてしまう場合があります。

相手に対して「本当に心の病気だな」と感じた時は、一度心療内科を勧めてみるのも良いでしょう。ただ単に勧めても、「私のことおかしいと思って、病院に行けと言う」と思われ、拒絶されてしまう可能性もあるので、やんわりと「こういう症状の病気があるらしいのだけど、私にもいくつか思い当たる節があるんだ。あなたには無い?」と、「私は同志である」ということを伝えてから心療内科を勧めてみるのも良いかもしれません。

トラウマの克服法


ナースシューズ
ナースシューズならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!

http://www.pethoteltokyo.com/
ペットホテルを東京で