トラウマ解消ガイド TOP → トラウマ基礎情報 トラウマの由来

トラウマの由来

「トラウマ」の語源は、当初「傷」を意味するギリシャ語でした。1917年、心理学者フロイトが、物理的な外傷が後遺症となるのと同じく、「過去の強い心理的な傷が、その後も精神的障害を引き起こす原因になり得る」ということを発表しました。その際、精神的外傷を意味する用語として「trauma(トラウマ)」が用いられ、現在のような意味として使われるようになりました。

「トラウマ」とはこのように、古くから考察されている事項であり、過去の文学作品や映像作品の中にも、トラウマを題材にしたものがたくさんあります。それが意識的に描かれたものにせよ、無意識下で描かれたものにせよ、幼年期に起きたことに対するトラウマであったり、青年期に強く感じたことが後遺症のように老年期まで残っているトラウマであったり、キャラクターの性格や、作品全体のテーマとして「トラウマ」を用いることも稀ではありません。

「トラウマ」とは、人間が記憶をするにあたって「傷」という形で残るインパクトの強いものであり、それが時としてトラウマを抱えている本人のアイデンティティを構築する際に影響してくるものでもあります。苦い記憶、辛い記憶、悲しい記憶は、それを記憶する本人が繊細であれば繊細であるほど、感受性が豊かであれば豊かであるほど、トラウマとして跡に残る可能性が強くなります。

私達が人間らしく生きていれば、大小問わずトラウマを抱えることはあるでしょう。文学作品や映像作品の中でトラウマが題材にされるのは、それだけ私達の心に浸透しやすく、共感を呼びやすい為です。トラウマの形は違えど、人間は生きていく上で必ず傷つき、苦悩し、その記憶に振り回されることはあります。次のページからは、トラウマの「種類」について紹介していきたいと思います。

トラウマ基礎情報


ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/