トラウマ解消ガイド TOP → トラウマの原因 友人関係のトラウマ

友人関係のトラウマ

友人関係において、トラウマを抱える人もたくさん居ます。恐らく、これは普通に交友関係を広げている人間であれば、誰しも経験していることなのではないでしょうか?例えば、友達に自分の恋人を奪われたり、友達だと思っていた人間からいじめられたり、友達だと思っていたのに、ある日突然絶交されてしまったり、親友だと思っていた相手から、秘密を言いふらされてしまったり。

友人関係とは、恋愛よりも難しいところがあります。どこからが知り合いで、どこからが友達で、どこからが親友なのか。とても曖昧なところはありますが、「一度顔を合わせたことがあり、名前と顔位は一致する」ようになれば知り合い、「何度も遊ぶようになったり、些細な相談をしたりする」ようになったら友達、「誰にも言えないような相談が出来るようになったり、本当に困った時に助け合える」ようになったら親友と、友達関係といってもこのように段階があります。

この時、相手のことを親友だと思い、信頼していれば信頼しているほど、裏切られた時の心のダメージは大きいものになります。そして、裏切られた後は、「友達なんか一切作らない」と自分の殻にこもってしまい、なかなか友達を作ろうという気力も起きません。これが主に友人関係のトラウマと言われるものです。

しかし、このようなトラウマがあるからこそ、「次は裏切らないような友達を作ろう」と学習することが出来て、「本当に他で話されたら困ることは、親友でも絶対言わないようにしよう」と考えることが出来るのです。トラウマとは、いわば警戒心の強化であり、己を守る為の精神的プロテクターなのです。

このトラウマが無ければ、また同じことを繰り返してしまう恐れもあります。したがって、無理矢理人に心を開く必要はありません。自分が心を開きたいと思えるような友人に出会えた時だけ、そっと心の扉を開く準備をしておきましょう。

トラウマの原因


五反田 透析
五反田で透析なら五反田ガーデンクリニック!

コンプラビン 副作用
コンプラビンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!