トラウマ解消ガイド TOP → トラウマの原因 虐待のトラウマ

虐待のトラウマ

幼少期から、または思春期の段階から、家族からの虐待を受けていた場合、それはほぼ確実にトラウマを生み出します。これは何も、「親が殴る蹴るの暴行を加える」という体罰ばかりが虐待とも限りません。子供への言葉の暴力であったり、子供に愛情を与えず放置したり(ネグレクト)、子供に対して傷つけるようなことをすれば、それは『虐待』と成り得ます。

最近では、『教育』と『虐待』を履き違えている親がとても多く見られます。子供を虐待のし過ぎで殺してしまったり、怒りに任せて酷いことを言ってしまったり、忙しさのあまり放置してしまったり。親だって人間なので、時として失敗することもありますが、子供にとっては『失敗してしまった』じゃ済まされないのです。

幼少期の心は、とっても不安定で敏感です。親の接し方一つで、子供の成長に大きな影響を与えます。そのような時期に、過度な教育として『暴行』を加えたり、『暴言』を吐いたり、『無視』をしたり、子供の心が真っ直ぐ育つ為に必要なこととは何か、一切考えない教育を行ってしまうと、子供が成長した際心の病気になってしまうことがあります。

『私は駄目な人間だから、誰からも愛してもらえないんだわ』と卑屈に育ってしまう人も居れば、『殴ればどうにかなるのだったら、私も誰かを実力行使で思いのままにしてしまおう』と暴君になってしまう人も居ます。それは、どちらも正解ではありません。人間は、話し合い、時に指摘し合い、認め合うからこそ、社会を構築することが出来るのです。

小さい頃の虐待がトラウマになり、性格が歪んでしまうことは絶対にあることです。自分が親になり、どこまでが虐待でどこまでが教育なのかわからない時は、思い切って周りの人に頼ってみましょう。子供の幸せを第一に考えて、正しい教育を受けさせることが親の義務であり、それが自分の子供を愛するということです。

トラウマの原因


バーベキュー レンタル
《BBQ(バーベキュー)レンタル》東京都内近郊、格安食材有り!手ぶらバーベキューなら設置から片付けまでお任せのBBQわーるど!