トラウマ解消ガイド TOP → トラウマの原因 いじめのトラウマ

いじめのトラウマ

人間が集まれば、『いじめ』という問題が発生することもあります。『周りの人と違う』ということが、個性として捉えられず、異端なものとして捉えられた場合、そして周りに溶け込めないものと判断された場合、いじめが発生し、そのいじめを受けた人はそのいじめを「トラウマ」として背負ってしまうことがあります。

最近では、表立っていじめをする人も少なくなってきました。社会的にも問題視され、いじめによる自殺や自殺未遂も増えているからです。しかし、いじめ自体は減ることがありません。それはなぜかというと、いつの世も、人間は「標的を見つけていじめをすることに快感を覚える」という癖があるからです。

いじめた側は大して覚えていないケースもありますが、いじめを受けた人の心は、いつまでもいじめを受けた時のままです。いじめがトラウマになってしまうと、人とうまく接することが出来なくなってしまったり、部屋に引きこもりがちになってしまったり、最悪の場合、自殺してしまうこともあります。

「いじめられる側にも原因はある」ということもありますが、そもそも、いじめられる側の性格に問題があったとしても、『いじめ』などという回りくどい悪趣味な行為をしなければ良いだけの話です。相手の性格に問題があると判断した場合は、本人に直接「そんな態度じゃ駄目だ」と伝えるなり、個人的に無視するなりすれば良いだけの話です。

この世からいじめが無くなるとは思っていませんが、「『いじめ』が無意味で幼稚で愚かな行為である割に、他者のダメージは大きい」ということを、皆が知っておく必要があります。それを各自がしっかり理解することによって、いじめのトラウマを抱える人間は減っていくのではないかと思います。

トラウマの原因


ホイールアライメントの調整
について